なみよせブログ

名古屋で骨盤矯正、鍼灸治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日はTFCC損傷について書きます

1.TFCC損傷とは
TFCCとは,腕の骨(尺骨や橈骨)と手指の骨(手根骨)の間の小指側にある三角の形状をした組織のことです。日本語では「三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)」といいます。この組織は,肘の靭帯や膝の半月板と同じように骨ではありません。いくつかの靭帯や軟骨が組み合わさった軟部組織の総称になります。
TFCCの役割は,手首の滑らかな運動を実現するためのベアリングのような働きや,手首の外側の衝撃を吸収するようなサスペンションのような働きをすることです。TFCCがあることにより,手首は安定的に保持され,人間は手首を複雑に動かすことができるのです。
このTFCCが外傷などによって傷つくことを「TFCC損傷」と呼びます。手首を酷使する野球やテニスのようなスポーツでも,スポーツ障害のひとつとして発症しますが,交通事故の被害にあった場合にもTFCC損傷が発生することがあります。たとえば,バイク事故や自転車事故により転倒して地面に強く手を付いてしまったときや,自動車のハンドルを握った状態で交通事故に遭ったときのように,手首に過度な負荷がかかった場合です。

保存療法
TFCCを構成している靭帯や軟骨が傷んでいる場合、スポーツを休止してサポーターやテーピングなどで手首を固定します。
まずは手首に負担をかけないようにする事で安静にします。
手をついて受傷した急性外傷ではギプス固定をする場合もあります。
また痛みが強い場合や炎症が強い場合は痛み止めの注射をする場合もありますが、ステロイドなどの痛み止めは副作用もあるため医師と十分に相談することが望ましいです。
 
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。