なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日はチック症について書きます。乳幼児から学童期に多い子供の病気です。肩や首、顔面などがピクピクと軽い痙攣の様な収縮を起こす症状や咳払いやしゃっくりの様な発音やまばたき、顔をしかめる、体の一部を常に動かしたくなるなどの症状がでるなど脳などの病気によるものや心因性のものがあります。
原因は脳の神経伝達物質のドーパミンという物質のバランスの崩れが有力で集団生活や家庭におけるストレスがきっかけになります。
精神的緊張や親が子供に与える過剰なストレスが心因性チックになります。
対策としては親が子供に過剰な負担をかけずにストレスのない環境を作ってあげるとか本人がチックの症状を意識させない場を作るのも重要です。
効くツボは鼻の穴のすぐ横にあり、ほうれい線上の迎香、親指と人差し指の間で人差し指寄りの谷間にある合谷などの鍼灸やヘッドマッサージも効果があります。
当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。