なみよせブログ

名古屋で五十肩、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日はメニエール病について書きます。

どんな病気なの?
メニエール病というと「若い女性がストレスでめまいを起こす病気」というイメージがあるのではないでしょうか。メニエール病の原因はずばり「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」です。その根底にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。
内耳には前述したとおり、①聞こえの細胞が詰まっている蝸牛と、②平衡機能を司る三半規管と耳石器があります。この両方もしくはどちらか一方が強く水ぶくれになるかにより症状が異なります。蝸牛が強く水ぶくれになれば、めまいは感じず難聴だけを自覚します。水ぶくれが弱ければ難聴を自覚せず、「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」、「音が響く感じ」のみ出現する場合もあります。反対に三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、難聴や「耳が詰まった感じ」などは感じず、めまいのみを自覚します。めまいの強さも「グルグル回転する激しい」ものから、「フワフワ雲の上を歩いている感じ」のものまでさまざまです。めまいの持続時間は10分程度から数時間程度であることが多く、数秒~数十分程度のきわめて短いめまいが主である場合、メニエール病は否定的です。

主な治療方法

薬による治療がメインとなります。「抗めまい薬」ほか「内リンパ水腫に対する薬」を主として、ときにはビタミン剤や循環改善薬、抗不安薬などを併用します。めまいや発作による吐き気などが強い場合には薬が飲めない場合もあるでしょう。このような場合には、安静の状態で点滴を実施します。

生活習慣の改善が不可欠

どの治療方法でも、生活習慣の改善は必要不可欠と言えるでしょう。メニエール病にはストレス・睡眠不足・疲労が関与しているという事はすでにご紹介しました。これは「薬による治療」だけでは不十分であることを意味します。薬は、症状の抑制に役立ちますが、生活習慣の改善などでその根本原因をなくしていく努力が必要です。働き方、休み方を始め、食習慣、運動習慣なども含めた「トータルな生活習慣の改善」を考えることが望ましいでしょう。
 
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。