なみよせブログ

名古屋で美容鍼、美容電気鍼の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は前距腓靭帯について書きます。

前距腓靭帯になる損傷のしかた!

足のひねり方によっては、足首の内側の靭帯や足の甲の部分の靭帯を痛める場合もあります。
また、怪我の状況が同じようであっても靭帯の損傷に止まらずに骨折が起こる場合があります。
この場合は骨折の治療を行います。子供では特に靭帯が断裂するかわりに靭帯の付着する骨の表面が剥がれる剥離骨折(はくりこっせつ)という状態になる場合があり、たかが捻挫と侮っていると重症の怪我の治療が遅れて後遺症を残す場合もあり、注意が必要です。

症状は?

足関節(足首)捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻って生じます。
足関節外側の靭帯(前距腓靱帯)が損傷します。
外くるぶし(外果)の前や下に痛みがあり、腫れます。
また、外くるぶしの前や下を押さえると、痛みます。

治療の仕方

靭帯損傷の程度は、1度から3度に分類すると分かりやすいです。3度になるとひどく腫れています。1度では腫れはあまりありませんが、圧痛で診断できます。
1度の損傷であれば、湿布包帯固定やサポーター固定程度で済む場合もあります。2度と3度では、原則的に三週間のギプス固定をするようにしています。ギプス除去の後は特殊な装具(サポーター)を用いて、損傷靭帯の更なる保護と再発予防を図りつつ、スポーツ復帰まで、筋力強化や靭帯機能回復のための理学療法を行います。ギプス除去から一週間くらい経てば、ストレッチやマッサージ、鍼や柔軟体操など別メニューで復帰を目指します。
なお3度の損傷では、年齢や生活背景を考慮して、手術的に靭帯縫合を行う場合があります。腰椎麻酔下に30分程度で遂行できる、比較的侵襲の軽い手術です。
 
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。