なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は口内炎について書きます。体調が悪くなったりすると食べ物がしみたりとか口の中が痛くなったりしないでしょうか?
口内炎とは口の中や周辺に起こる炎症で頬の内側や歯茎に起こりやすいです。
原因は口の中の不衛生、口内を傷付け、ビタミン不足、ストレス、胃腸障害など多々あります。口内炎はいろいろ種類があり白い膜で覆われたアフタ性はビタミン不足、過労などでの免疫力低下で起こります。生後6ヶ月から3歳までの子供に多いカンジダ性、口内の傷や刺激、火傷が原因になるカタル性などがあります。
対策は口内を清潔に保つ事。柔らかい歯ブラシで丁寧に磨き口内殺菌液の使用で口内の殺菌を保ちます。
体の抵抗力を高める為たんぱく質やビタミンを多く取り入れ質の良い睡眠で免疫力を高める様にします。
効くツボは親指と人差し指の間の窪みの合谷、内くるぶしから爪先側に2〜3センチ斜め下の骨の下の窪みの然谷、鼻の左右で頬骨の最も高い所の真下の巨りょうなどの鍼灸、指圧は効きますよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。