なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は痰について書きます。この時期は風邪が原因なので喉の痛みがある方も多いですね。
原因はいろいろありますが主に風邪による咽頭や扁桃の炎症、大声や喫煙により咽頭などが酷使されるものに大別され風邪によるものはウイルス、細菌などは扁桃という部分が除去する機能を持っていますが体調低下で免疫が下がってくると炎症が抑えれなくなりリンパ節や扁桃自体が腫れてきて赤色に変わったりします。咽頭に炎症症状がでた場合、喉がイガイガしたりします。喉の酷使は声帯と呼ばれる部分の炎症によるものが多く過剰なアルコール摂取も原因となります。
対策は喉の乾燥を防ぐマスクの着用、体を保温して免疫力を上げる。水分補給も重要です。睡眠時は鼻呼吸を意識しましょう。
効くツボは首の付け根で左右の鎖骨に挟まれた窪みの天突、人差し指と親指の骨が合流したところから人差し指寄りの合谷、喉仏の
両脇で脈拍を感じるところの人迎のツボの指圧刺激、鍼灸は良く効きます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。