なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤 佳樹です。今日は膝に水が溜まる症状について書きます。
よく高齢の女性が膝に水が溜まったと聞いた事があるのではないでしょうか?病名は関節水腫といいます。人体には様々な関節がありますが関節包という袋で滑らかに動かす仕組みがあります。袋の中には関節をスムーズに動かす滑液が入っています。関節部に傷などで炎症があったり膝の変形により軟骨部がぶつかりあってカケラが生じたりすると異物と察知して滑液を多く出し除去しようとします。
対策は運動、リハビリで膝周りなどの筋肉を鍛えます。水中でのウォーキング、膝にボールを挟んで押すなどのボール運動もいいでしす。また肥満体質の人は体重を減らす事も重要になります。
効くツボは膝を立ててお皿の下の両側にやや窪んだ箇所の内側は内膝眼、外側の外膝眼、膝を曲げた時に出来るシワの内側の曲泉、膝のお皿の真ん中の下のとく鼻のツボの指圧、鍼灸は効きます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。