なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は痰について書きます。この時期は風邪が原因で痰が絡んだりしますよね。
痰とは呼吸器系で生成され鼻腔経由を除いた粘膜の一種の事で呼吸器に害をもたらす有害物質を絡めとり体外に排出する役目があります。痰には多くの色があり白色は主に気管支炎、透明はウイルスによる非細菌性感染、緑色の場合は慢性気管支炎などか多い様です。
成分は水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、気道液などで他に微生物や細胞なども含む様です。 対策は温度が高いお湯などで水分を摂取する、加湿器で部屋を乾燥させない様にしたりマスクの着用で喉の乾燥を防ぎます。痰を出す時は息を吐き下を向いて出すといいです。
効くツボは喉の骨の外側で軽く押さえると脈を感じる人迎、手の親指の下にある骨の真ん中の魚際、鎖骨の間にある窪みの天突の鍼灸、指圧は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。