なみよせブログ

名古屋で五十肩、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は上腕二頭筋腱炎について書きます。

 

上腕二頭筋長頭腱炎とは?

上腕二頭筋長頭腱炎とは、腕の筋肉である上腕二頭筋の付け根で起こる炎症です。

名前が難しいですが、読み方は「上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)」です。

上腕二頭筋とは、腕の力こぶの筋肉で比較的メジャーな筋肉だと思います。

ただ、上腕二頭筋が肩まで繋がっている筋肉ということはあまり知られていません。

この上腕二頭筋が肩まで繋がっている部分が、上腕二頭筋長頭腱という部分です。

つまり肩の痛みの一種とも言えます。

上腕二頭筋長頭腱炎は野球選手やバレーボール選手、テニス選手などのオーバーヘッドスポーツと呼ばれるスポーツに多く、また日常生活でも重たいものを持つ機会が多いと上腕二頭筋長頭腱炎になりやすいと言われています。

上腕二頭筋長頭腱炎の原因とは?

上腕二頭筋長頭腱炎の原因は、上腕二頭筋の長頭腱に過度な負担がかかることです。

上腕二頭筋長頭腱は、腕の骨である上腕骨の「結節間溝(けっせつかんこう)」という細い通り道を通って肩に繋がります。

この道がかなり細く、肩の位置がずれたり肩の動きが悪かったりすると上腕二頭筋長頭腱が結節間溝で擦れます。

この擦れが繰り返されると摩擦で炎症が起こり、上腕二頭筋長頭腱炎となります。

その為、ただの使い過ぎ(オーバーユース)が上腕二頭筋長頭腱炎とも言えます。

それでも、ただ使い過ぎただけでは上腕二頭筋長頭腱炎のなることは稀です。

上腕二頭筋長頭腱炎の原因としては、姿勢の崩れ(肩の位置のずれ)と肩の動きの悪さが原因と言えます。

肩の位置が正しい位置からずれ、肩に負担がかかるような動かし方を繰り返したことによって摩擦が起こり、上腕二頭筋長頭腱炎になることが多いです。

その為、上腕二頭筋長頭腱炎を治すには肩の位置を正す姿勢改善、肩の動きを改善する動きの改善のリハビリが必要です。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。