なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は疲れ目について書きます。読書や細かい作業の際に起こりますね。症状は字などのピントが合いにくい、目の奥に痛みがでる、目がショボショボするなどで目の疲労がきっかけとなり体に影響がでる場合があり全身倦怠感、肩こりなどを引き起こします。
原因として眼球の中にある水晶体の厚さを変える毛様体筋の疲労により緊張し固くなる事でピント合わせが難しくなり結果ぼやけて見える症状がでます。コンタクトレンズ、メガネなどの度数が合わないと疲れ目の原因になり度数が強くても弱くても負担がかかり適正な数値にする必要があります。あとドライアイの人も疲れ目になりやすいです。
対策は照明を明るくする、長時間パソコンなどをしたら一時間おき位に15分の休憩をとりましょう。疲労を感じたら目の周りを暖めたり目を閉じたりして休息させます。
効くツボは瞳の中心のすぐ下の承泣、肩先と首の付け根の中心の肩井、目頭と鼻の付け根の骨との間の晴明のツボの指圧、鍼灸は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。