なみよせブログ

名古屋で坐骨神経痛、寝違えの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は筋膜リリースについて書きます。

そもそも・・・筋膜リリースって何?
もともとは、リハビリや治療の方法のひとつとして、専門家の間で取り入れられていたという、筋膜リリース。
LEE世代によくある腰痛は、「筋膜のしこりやねじれ」が主な原因。これらをリリース=押しのばせば改善するそう!
「コリや痛みの原因となる部分を“トリガーポイント”と言いますが、このトリガーポイントは筋膜のしこりやねじれに発生する、と考えると理解しやすいんです。筋膜はほかの部分より痛覚の感受性が高く、痛みを感じやすいからです。筋膜を押しのばし、しこりやねじれのない、元の正しい状態に戻すことで、血流もよくなり、痛みもなくなりますね。

さて、筋膜はどこにある?
全身の細胞や組織を包む「膜」のこと。骨・筋肉・内臓を結合し、体を支えている。

筋膜とはどこか一部分を指すのではなく、全身に張り巡らされている膜のこと。筋肉は筋繊維の束。この筋繊維1本1本を包むのが筋膜です。オレンジの薄皮をイメージするとわかりやすく、厚い皮が皮膚、果肉が筋肉で、真ん中にある薄皮が筋膜に該当します。
「たんぱく質の繊維でできた、筋肉を包む薄い膜が"筋膜"。筋肉の表面だけではなく、繊維1本1本、骨や内臓、血管や神経まであらゆる組織をつなぎ、体を支えています。ボディスーツのような役割を果たし、"体のかたちは筋膜がつくる"と言われるほど、全身に大きな影響をもたらします」

では筋膜がどうなると腰痛に?
悪い姿勢を続けるなどの負担で、筋膜に小さなしこりやねじれができ、血流が低下します

人間の体には大きく5つの筋膜ネットがあります。
下半身からおなかまでの体前面をおおう“フロントネット”、足底から後頭部までの体背面をおおう“バックネット”、体側面をおおう“サイドネット”、脚前面から
肩~腕背面を斜めにおおう“インナーネット”、首前面から胸部~腕前面をおおう“アームネット”があり、腰痛には、主に“バックネット”を意識することが大切。

「猫背、脚を組むなど、生活のなかの悪いクセによって筋膜はゆがみ、縮こまり、しこりやねじれになります。痛い部分に原因があるのはもちろんですが、筋膜ネット全体が痛みやコリに影響していると考えられています。だから、腰だけピンポイントではなく、お尻~背中は腰の一部と考えて広い範囲をケアすることが必要。体の背面全体を大きく動かして筋膜を押しのばすことで、猫背や緊張状態のストレスが解消し、腰痛のつらさからも解放されるはずです」

筋膜リリースするとどうなる?
うどんをめん棒でのばすイメージでしこりやねじれを解消

筋膜リリースのポイントは"押しのばす"こと。
「筋膜はしこりやねじれにより、縮こまって複雑に絡み合います。それをめん棒で押しのばすようにゆっくりとならしていくことで、きれいな網目状の筋膜に。柔軟になり、腰の痛みも感じにくくなります」

ならストレッチとはどう違うの?
ストレッチと違い、面で圧を加えることで筋膜がよくのびる

筋膜リリースがストレッチなどと違うのは、広い面での圧迫を加え、押しのばすことができる点。
「ストレッチでも筋膜をのばすことはできますが、ストレッチだと縦方向の筋膜の縮こまりにしか効かないんです。筋膜は複雑に張り巡らされていて、横や斜め方向のしこりやねじれも多くあります。それをのばすには、点ではなく面で、あらゆる方向に圧をかけることが必要です。ただし痛いと感じたら負荷がかかりすぎ。気持ちいいぐらいの感覚を目指しましょう

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。