なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は飲酒の悪酔いについてです。お酒を飲んでる最中に嘔吐、吐き気、寒気、頭痛など不快な症状になる事です。最初は気持ち良く飲んでいても人によっては飲酒開始から二時間位で症状がでる様です。
これはアセトアルデヒドという物質が血中で一定量以上に達っすると先の症状が現れます。
悪酔いしやすい人とそうでない人がいて前者はアセトアルデヒドの代謝の早い人、後者は代謝が遅い人です。普段お酒が大量に飲める人でもストレスを抱えていると悪酔いします。ストレスは基礎的な代謝を低下させる為です。
対策として飲酒前にある程度食事をとりアルコールの吸収を助けてあげる。お酒は時間をかけて飲んでアルコールを分解しやすくする。水を一緒に飲んでアルコールの吸収を遅らせるなどです。
悪酔いしやすいお酒はワイン、ビール、日本酒などで悪酔いしにくいお酒は焼酎、ブランデー、ウイスキーて醸造酒、蒸留酒の違いがあります。
効くツボは握りこぶしを作った際に中指と薬指の間の先端にあたる労宮、手首の内側で手首に指三本分当ててその下の内関、体の中心線上でみぞおち中央の上にある骨から指の横幅二本分下の巨けつの鍼灸、指圧は効きますよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。