なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「鍼」について書きます。
鍼治療で使う鍼は多種多様です。一般的に使われているのは、鍼に柄がついている毫鍼(ごうしん)で、ほとんどがステンレス製です。長さや太さは様々ですが、長さ4~5cm、太さ0.2mmぐらいの鍼が主に使われています。
日本では管鍼法が多く用いられます。管鍼法とは、鍼管とよばれる鍼より少し短めの管を使って施術する方法で、江戸時代の日本で確立されました。
症状に応じて鍼をすぐ抜いたり、しばらく刺したままにしたり、動かして経穴(ツボ)を刺激する場合があります。また、鍼に微弱の低周波電流を流して経穴(ツボ)や筋肉に直接刺激を与える治療法もあります。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。