なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は嗅覚障害についてです。花の香りとか香水、食べ物の臭いがあっても判別しない状態をいいます。要は臭いがしない事ですね。
人間は鼻で息を吸い込み鼻の奥に臭いの素を届けさせ鼻の奥にある嗅覚センサーが反応し脳に識別させて臭いを感じます。嗅覚障害の原因は多々ありますが呼吸障害、脳中枢神経障害、嗅粘膜障害などがあり呼吸障害ではアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが原因により臭いの素が鼻の奥まで届かないとか中枢神経障害では脳腫瘍、脳梗塞が引き金になり中枢神経障害になり嗅覚を失う事になります。
対策は鼻を鼻水で詰まらせない事。アレルギー性鼻炎ではハウスダストや花粉をとり除く。風邪を引かない事も重要です。鼻の奥に細菌、ウイルスの付着して炎症を引き起こして鼻づまりになり嗅覚センサーに臭いが届かなくなります。
効くツボは小鼻の横の窪みの迎香、手の甲側で手首にできるシワの中央付近のやや小指寄りの陽池、左右の乳頭を結んだ真ん中のだん中のツボの指圧、鍼灸は効きますよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。