なみよせブログ

名古屋で眼精疲労、外反母趾の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は鼻炎について書きます。

鼻炎には種類があるの?
あなたの鼻炎は本当に「アレルギー性鼻炎」なのでしょうか?

鼻炎はアレルギー以外にも原因がありますので、その原因に対する対策が必要になります。

まずは鼻炎の種類を知り「本当にアレルギー性鼻炎なのか?」を判断しましょう。

①感染性鼻炎
鼻炎の中で最も一般的なもので、アレルギー体質の人でなくても発病します。

最も多いのは

風邪ウィルス
インフルエンザウィルス

による急性鼻炎で、それが慢性化すると慢性鼻炎になります。

慢性鼻炎の場合は、アレルギー性鼻炎との区別は一般の人にはつけにくいのですが、「感染性の急性鼻炎から慢性化すると慢性鼻炎になる」と解釈すれば良いでしょう。

医学的にはアレルギーが原因の場合は「アレルギー性鼻炎」と表記されるので、そこで区別しています。

急性鼻炎が慢性化する原因の多くは、抗生剤が効かないことであり、鼻炎症状が長引くと「慢性鼻炎」と診断されます。

一般的には3~5日以上改善しない場合に「慢性化した」と見なされ、抗生剤の変更などの治療方針の変更が検討されます。

慢性化した場合、鼻の奥にキノコ状の「鼻茸」というポリープができてしまい、蓄膿症と呼ばれる鼻の病気へ悪化しやすくなるため、早めの対策が重要となります。

②アレルギー性鼻炎
「アレルギー」とは、特定の物質に免疫機能が過剰反応してしまい、炎症を起こす症状です。

このとき、「アレルギーを引き起こす特定の物質」のことをアレルゲンと呼んでいます。

本来、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応は、体内に入ろうとする異物を「速やかに除去するための防御反応」です。

しかし、免疫機能が過剰反応しているため、通常よりも過敏に反応し、症状が強くなったり、症状が出ている時期も長引いてしまうのです。

アレルギー性の鼻炎には季節性のものと通年性のものがあります。

季節性のもので最も有名なのが「花粉症」です。

また通年性のアレルギー性鼻炎としては

「ハウスダスト」
「化学物質」
「光過敏」
「匂い過敏」

などが挙げられます。

花粉症の場合は、花粉が飛散する時期を過ぎると症状は落ち着きますが、通年性のものは一年中発作を起こす可能性があります。

また、一度発症すると完治が難しい非常に厄介な病気です。

③その他の鼻炎
特にアレルギーというわけであはりませんが、刺激の強い香辛料の入った料理や熱いものを飲食した時などは、鼻腔粘膜が刺激されて鼻水やくしゃみがでます。

これは一時的な「生理的な鼻炎」ですので病気ではありません。

他にも投薬中の人は薬の副作用で鼻炎症状が出る場合があり、これは病気としての薬剤性鼻炎となります。

薬剤性鼻炎を起こしやすい薬剤には

降圧剤
抗鬱(うつ)剤
避妊用ピル

などがあります。
鍼などで花粉症や鼻炎を和らげることができるので鍼などに興味がある方は何でも聞いてください!!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。