なみよせブログ

名古屋で四十肩、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
四十肩、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、刈谷市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「切診(せっしん)」について書きます。
切診の方法の1つで、患者の腹部や手足、痛みのある箇所などを触る、撫でる、押すなどして、熱さ・冷たさ、かたさ・柔らかさ、痛みや腫れの程度から身体の状態を調べる方法を按診(あんしん)といいます。
按診のなかでも、腹部の状態を診ることを腹診といい、慢性の病気や全身の状態を判断することができます。
例えば、かたくて、押すと痛みがある場合は実証で、血や津液が停滞していると考えられます。
逆に、柔らかくて張りがなく、押しても痛みはなく、むしろ心地よく感じるときは虚証であると考えます。
両側の肋骨の下からみぞおちにかけてつかえた感じや張り感があり、押すと抵抗や痛みがあるものを胸脇苦満(きょうきょうくまん)と言います。肝臓や胆道に異常があったり、ストレスが多い人にみられます。
みぞおち付近を軽く叩くと、胃の中でチャプチャプと水の音がするのを胃内停水と言います。脾の異常で水分代謝が悪く、胃に水が溜まっている、胃下垂の人などにみられます。
というように、この他にも不調のある箇所によって様々な症状が表れます。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。