なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は過呼吸症候群について書きます。普段、普通にしている時に急激に不安になり酸欠状態の様に息苦しさがが起こり場合により体の痙攣して動きにくくなる場合があります。
原因としてはストレスで不安、号泣などの情動性ストレスが原因による自律神経の大きな乱れが大きな要因で自律神経の乱れが特徴になります。自律神経が乱れると呼吸数が多くなり体内の二酸化炭素が低下し血液がアルカリ性に傾いた状態になる不安、痺れなどの症状が出て来ます。
対策はストレスを取り除く。全身マッサージで体質改善しましょう。呼吸の仕方を工夫しましょう。普段より息を吸う時間を2倍の時間をかけ徐々に息を吐く呼吸もいいですね。
効くツボは手首を曲げた時にできる横シワの小指側の窪みの神門、親指と人差し指の分かれ目で人差し指よりの合谷のツボの指圧、鍼灸は効きます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。