なみよせブログ

名古屋で超音波治療、O脚矯正の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です今日は急性胃腸炎についてかきます。

 

実は急性胃腸炎とストレスは密接な関係があると言われています。
その理由に、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。
そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。
また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。
免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物と感知し、攻撃・排除する事を言います。
この機能が低下するという事は、それだけ細菌やウイルスを侵入、増殖させやすい体になってしまうというわけです。
さらに、感染性胃腸炎の場合は原因となるウイルスや細菌が体外から排出されると胃腸の症状はなくなりますが、ストレス性胃腸炎の場合はストレスがなくならない限り、薬を飲んでも症状が治まりません。

症状は?

急性胃腸炎を患うと、激しい下痢や嘔吐、発熱、血便、全身の倦怠感などが襲ってきます。
一見、風邪とよく似た症状ですが感染性胃腸炎の場合、原因がウイルスや細菌によるものなので、猛烈な吐き気や下痢になり、風邪の時の「お腹が痛いなぁ・・便もゆるいなぁ・・」という感じとは明らかに違います。また、そのような嘔吐や下痢が繰り返されると脱水症状が現れる場合もあります。
特に子供の場合は、自分の症状を的確に言葉にする事ができないため、唇がカサカサに渇いていたり、長時間おしっこが出ていない時などは脱水を疑って病院へ行くのがよいでしょう。
さらに病状が悪化すると、心臓や肺、肝臓や腎臓などの大切な臓器を守ろうと体はショック状態に陥ります。
これは、本来であれば命に関わる臓器を保護しようとする生理的な働きなのですが、ショック状態が長く続く事は大変危険ですので、すみやかに病院へいきましょう。
鍼などで自律神経などを整えストレスを和らげるのも治療になりますのでそのあたりで気になった方はなんでも聞いて下さい!!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。