なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中川区、港区、南区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「四診」について書きます。
東洋医学では、前述した弁証論治によって証を決める上で行う診断を四診と言います。
四診の名のとおり、目で診る望診、声や臭いなどを診る聞診、患者さんの話を訊く問診、患者さんに触れて診る切診の4つに分けられます。
四診で情報を集め、総合的に判断して証を決定します。そのプロセスを弁証法といい、代表的なものに八綱弁証があります。八綱とは、表裏・虚実・寒熱・陰陽の四対、八種の証を指します。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。