なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。暑い日が続きますね。今日は熱中症について書きます。夏季に屋外に長い時間いると気持ちが悪くなったり、目眩、頭痛、酷くなると嘔吐や意識障害がおこる症状です。高体温、手足がつるなどの症状も見られる事もある様です。
原因は高温多湿で日差しが強い環境において体温が一定に保てなくなる事です。人間は体温を一定に保つ機能を持ってます。汗の蒸発や熱伝導の事ですが高温多湿の場所では自律神経が乱れて上手く機能しなくなります。水分を取らないと汗が出にくくなり体温が下がらず熱中症に至る場合もあります。
対策は水分補給ですが汗をかくと水分の他に塩分やミネラルも失います。水分補給の際は水の他に塩を水1リットルに対して2グラム位を溶かしてやると良いでしょう。スポーツドリンクの摂取もいいですね。暑い場所に長時間いたらすぐ日陰に入る、通気性の高い涼しい服装を身に付けるのも効果的です。効くツボは手首の裏側のシワから肘方向に指三本分下がった内関、足裏て指を曲げた時に出来る窪みの勇泉の鍼灸、指圧は効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。