なみよせブログ

名古屋で五十肩、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
五十肩、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「弁証論治(べんしょうろんち)」について書きます。
東洋医学も西洋医学と同じように患者の病状を診断し、治療方針を決めた上で、治療に移ります。東洋医学では、このような過程を弁証論治と言います。
弁証論治の弁証とは証を決めることを意味します。
証とは、患者の体質や病気の状態を総合的に判断したもので、証を決めることでそれに合わせた治療をすることができます。これを論治と言います。同じような症状でも、体質や病気の進み具合が違えば、証が異なる場合があります。証が異なれば、治療法も各々違ってきます

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。