なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日はへバーデン結節について書きます。中年女性に多く見られる指第一関節の背面部に見られる骨の変形した脹らみの事を指します。手、指などを多く使う人に多く指を全部曲げて拳の状態を作ると関節に痛みがでたり運動制限ができて正常な状態より曲がらない症状が起こります。
原因として指の酷使、老化減少、女性に多い事から女性ホルモンも原因の一つとして考えられています。冬季は血行も悪くなるため痛みも増す様です。
対策としては指の安静です。習い事やスポーツなどで指を酷使される人は休ませる事が重要です。食事は関節などを強化するためタンパク質の摂取で良質な卵、肉類などを食べましょう。指の運動でグーパーを繰り返し血行を良くする事も効果があります。またリウマチと間違えられる場合があり朝にこわばりがある、発熱を伴う、第一関節以外も腫れがあるなどの場合リウマチの可能性もあります。
治療は冷やす事で血行が悪くなり進行する場合もあるので血行を良くするために温かいお湯に浸けたりの温熱療法がいいです。東洋医療ではお灸を据えると改善傾向がみられます。第一関節に挟む様にお灸を据えると効果的で、腕部分の全体マッサージも改善します。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。