なみよせブログ

名古屋で顔面神経麻痺、野球肩の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は脳梗塞について書きます

脳梗塞ってどんな病気?
「血管が狭くなったり詰まったりすることで脳へ酸素とエネルギーが十分に供給されないことで脳の障害が起こるもの」をまとめて虚血性脳血管障害と呼びます。虚血性脳血管障害はさらに「脳梗塞」と「一過性脳虚血発作(TIA)」とにわけられます。脳梗塞は脳細胞にすでにダメージが起こってしまったもので、MRIという画像検査で梗塞巣(脳神経細胞が死んでしまった部分)を確認することができます。
一方TIAとは症状が出る程度の虚血性のダメージがあるものの不可逆な脳梗塞にまでは至っていない状態を指します。以前は「虚血性脳血管障害の中で24時間以内に症状が消えるもの」と定義されていましたが、これではMRIの所見から脳梗塞との関係に齟齬が生じることになってしまい、最近はMRIの普及とともに「MRI画像には脳梗塞が写らないが虚血による一時的な神経学的機能障害を起こすもの」と定義が変わりつつあります。ここで重要であるのはTIAを起こした方の15~20%の方が90日以内に脳梗塞を起こしていて特にTIA発症から48時間以内の早期に脳梗塞を起こすことが多いということです。いわばTIAは脳梗塞の前兆とも言える病態です。ですから最近はTIA診断後直ちに脳梗塞発症予防の精密検査を行い病態に合った治療を開始することが勧められています。ここで気を付けなければいけないことは必ずしも全ての脳梗塞に前兆としてのTIAが先行するわけではないということです。TIAを経ずに直接大きな脳梗塞を起こす場合もあるのです。

脳梗塞の分類
脳梗塞は、その発症のメカニズムと病気のタイプを組み合わせて診断します。
発症のメカニズム
1.血栓性(けっせんせい)
主な原因は動脈硬化です。動脈硬化によって脳の動脈がだんだん狭くなり、そこに血栓(血のかたまり)ができ、最終的に血管が詰まって脳梗塞が起こります。
2.塞栓性(そくせんせい)
心臓や、頸部等、血液が頭に至る手前の血管に出来た血栓などの塞栓源が血流にのって脳へ飛んで行き、血管が詰まって起こるものを塞栓性脳梗塞と言います。
代表的なものに心原性脳塞栓症があります。これは心臓で例えば心房細動というタイプの不整脈が原因で血栓ができ、それが脳に飛んで行き脳の血管を閉塞することで脳梗塞を起こします。突然に生じ、太い血管が侵されることが多いため重症で死亡率が高いことが多いことが特徴です。
3.血行力学性(けっこうりきがくせい)
もともと血管の狭窄(血管がせまくなること)があるものの脳梗塞を起こしてない状態に、血圧低下や脱水などが原因となって、脳の血流量が低下する事によって起こるものです。
病気のタイプ
発生のメカニズムによる分類は、先の「血栓性、塞栓性、血行力学性」の3つに分類されますが、実際の臨床現場では、病気がどんな原因で起きているかによって治療方針が違うため、以下のような臨床病型分類が使われます。
1.アテローム血栓性脳梗塞
近年の食生活欧米化により増加傾向にあります。大動脈や頸動脈等の頭蓋外の動脈、更には頭の中の比較的太い動脈の動脈硬化に起因するタイプの脳梗塞です。①動脈硬化によって細くなった血管が血栓により閉塞する場合と、②動脈硬化を背景に生じた血栓が血流にのって飛んで行って頭の中の血管を閉塞する場合があります。半分弱のケースで前触れとしてのTIAを認めると言われています。
2.ラクナ梗塞
原因として高血圧との関連が強いと考えられているタイプです。日本人に多いとされていましたが、近年は減少傾向です。脳梗塞の大きさが1.5cm未満のものが該当し、穿通枝領域(せんつうしりょういき)と呼ばれる脳の比較的中心あたりに発生する小さな脳梗塞です。
3.心原性脳塞栓症
心臓に血栓ができ、その血栓が脳に流れて動脈を塞いで起こる梗塞です。原因となる代表的な病気には心房細動、急性心筋梗塞、心臓弁膜症などがあります。

このようになる前にマッサージや鍼などで血流を良くして対策し脳梗塞になるのを防ぎましょう!マッサージはとても筋肉が柔らかくなり酸素が運ばれやすくなります!血流が良くなるとヘモグロビンも運ばれやすくなります。そうすると頭も冴えるし栄養が身体中にめぐるので病気にもなりにくいい事ばかりです。

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。