なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の稲沢市、大府市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「病因と不内外因」について書きます。
病因とは、字の如く病気の原因となるものを指します。
東洋医学において、体の外からくる病因を外因と言い、過度の感情によって体の内からおこる病因を内因と言います。前回書いた「七情」がこれにあたります。
外因でも内因でもない病因のことを不内外因と言います。
不内外因の例としては、
飲食(過食、拒食、偏食等)
労倦や安逸(働き過ぎ、休み過ぎ等)
房事過多(過度な性交渉)
外傷(打撲、捻挫、骨折等)
そのほかにも、津液のめぐりが停滞して生じた「痰飲(たんいん)」や血のめぐりが停滞して生じた「お血」(“お”はやまいだれに於)、遺伝や中毒などがあります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。