なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、稲沢市、犬山市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「六腑(ろっぷ)」について書きます。
以前、五臓について書きましたが、その五臓と密接に関係しているのが六腑です。
六腑とは小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦(さんしょう)からなります。
五臓が気血や精で満たされているのに対して、六腑は飲食物と水分の通り道となる管を指します。
三焦以外の5つの腑は、それぞれ五臓と対になっています。(心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱)
三焦は全身の津液の通り道で、臓器と臓器の隙間を指し、上焦・中焦・下焦に分けられます。
臓腑のどちらかが悪くなると、その対となる部位にも影響し、異常が起きやすくなります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。