なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は胃下垂について書きます。胃が正常な位置より下に垂れた状態をいい下がる事が原因で消化不良や栄養吸収などで悪影響を及ぼします。通常の位置は正面から見て、みぞおちの下辺りにありますが胃下垂の人は下腹部やお臍の辺りに位置してきます。
胃下垂になりやすい人は痩せ型で比較的高身長の人が多いようです。あとストレスによる胃の負担増大や胃の位置を保つ筋肉の不足、食べ過ぎなどです。症状的には食欲低下、胃もたれ、みぞおちの痛み、胸焼けといった症状も多い様です。
対策として規則正しい生活を心がけ、甘いものは控える、ストレスを貯めない、食べる時は背筋を伸ばす、食事は良く噛んで胃の負担を軽くする事などです。あとは腹筋運動で腹筋を鍛える事も効果があると思われます。効くツボはみぞおちとお臍の中間辺りににある中かん、頭頂部分の耳先の真上に伸ばした百会、お臍から親指二本分上がった所の下かんのツボの指圧、鍼灸は効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で 自律神経の乱れ、腱鞘炎の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
鍼灸治療、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

五月病対策第4弾。漢方、食養生についてです。
今日は今が旬なシソ(大葉)について紹介です!

シソの特徴
①食中毒の解毒に用いられるほどの防腐、制菌作用がある。
②精神を落ち着かせる働きがある。→五月病にも効果あり!
③「紫蘇」=漢方では「紫蘇葉」(しそよう)、「蘇葉」(そよう)の名で気の流れを整えるために用いられている。→自律神経失調症で処方される半夏邦朴湯(はんげほうぼくとう)やうつや胃弱で処方される香蘇散(こうそさん)に配合されている。
③日々の食事の中でも、味噌汁に入れたり、薬味として少量ずつ食べると、風邪の予防やアレルギー疾患の消炎作用が期待できる。
④病気や虫に強くベランダなどの家庭菜園で初心者にも簡単に育てられる。

家庭でも育てられる常食したいシソ。春に植えるシソですが、5月末ならギリギリまだ間に合いますので、皆さんも一度育ててみてはいかがですか?

当院では足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、また花粉症に効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。
脚や体の不調をスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は翼状肩甲骨についてかきます!

原因とどんな風になるのか?

神経障害で前鋸筋の単独麻痺はこの筋を支配する長胸神経が、テニスのサーブやゴルフのクラブスイングのようなスポーツや、産褥期の腕を挙上した側臥位での新生児との添い寝などによって伸張されて麻痺するのが主な原因です。
スポーツではテニス、ゴルフの他に、体操の吊り輪、重量挙げ、アイスホッケー、それにバレエの連続した横とんぼ返りなどが原因として報告されています。産褥期の新生児との添え寝と同様な肢位になる、ほほ杖をついての側臥位で本を読むなどの動作も原因となります。
一方、腕を下方に牽引して肩甲骨を胸郭に押し付けるようにすると、第2肋骨の外側縁で長胸神経が圧迫されることも証明されています。重いリュックを背負った後に生じるのは、これが原因の可能性があります。
頚部リンパ節の生検や郭清術後の副神経損傷による僧帽筋麻痺、三角筋拘縮による肩関節外転拘縮、棘下筋拘縮など肩関節外旋拘縮や、進行性筋ジストロフィーなどでも同様な症状が見られます。
診断すると
腕を前方に挙げる肩関節の屈曲動作が制限されている症例では、肩関節の着衣をとって診察します。腕を前方に挙上する動作で、肩甲骨の内側縁が浮き上がる原因は前述のようにいくつかあるので、鑑別しなければなりません。
副神経支配の僧帽筋の萎縮がないか、肩甲背神経支配の菱形筋の麻痺がないか観察します。前鋸筋麻痺では、壁に両手をあてて上体を前方に倒すと、麻痺している側の肩甲骨の内側縁が浮き上がって来ます。
肩関節外転拘縮例では、肘を体につけようとすると、外旋拘縮例では肘を体に付けて手を前方に回すと肩甲骨が浮いて来ます。
進行性筋ジストロフィー例では両側に見られます。
なんか姿勢が悪い?なんか肩甲骨がおかしいなと思われたら一度見たいと思いますので!なんでも聞いてください。
予防方法
スポーツや特異な肢位による前鋸筋の麻痺と判断されたら、原因となっている動作や肢位を避けさせると、平均9ヵ月で回復します。腕の挙上制限などの障害が強い場合は、肩甲骨固定装具を装着します。長胸神経の不全麻痺例など回復が予測される例には有効です。
鍼やマッサージで筋肉をほぐし悪い方向にならないように予防してくのも効果的です!!

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で五十肩、ぎっくり腰の治療なら

名古屋で五十肩、ぎっくり腰の治療なら
地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は内因(七情)について書きます。
東洋医学では人の感情を喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の7つに大別します。
これらの感情自体はごくありふれたもので病気ではありませんが、大きなショックやストレスで過度に強まったり、長期間続くと病気の原因となります。気や血の循環が悪くなり、それぞれの感情と関係が深い臓腑が損傷します。
例えば、怒り過ぎると肝を傷つけ、気がうまく動かなくなり、血とともに頭に上ったままになります。
考え込む日が続く(過度の思)と脾が弱り、消化・吸収がうまくいかなくなり、胃や小腸にも異常をきたします。また、気が停滞し心を痛め、動悸や不眠を引き起こします。
心身共に健全な状態で健康は成立します。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「失眠」(しつみん)について

場所は、足の裏側、かかと部分のちょうど中央あたりにあります。

効能は、
〇不眠症、のぼせ
〇足の疲れ、むくみ
〇膝関節痛、下半身の冷え
〇踵のひび割れ、カサカサ etc…

交感神経を整えたり足の冷えや疲れ、のぼせなどにも効果が期待できるとされています。

失眠はかなり鈍感なツボですので押したり揉んだりといった圧力を加える刺激法よりも、お灸を使って熱による刺激を与える方が効果的であるとされます。

そして、精神面を安定させる効果があります。
失眠は、癒しの効果だけでなく体にも様々な効果をもたらせてくれるココロと体に優しいツボです。

考えすぎて眠れない、ストレスで眠れない人は是非使ってみてください。快適で良い眠りを目指しましょう!!

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ!