なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は更年期障害について。主に女性のものについて書きます。女性は閉経によって卵巣の働きが少なくなりエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが急激に減少する事で起こります。急激に減ると体の機能減少が起こり自律神経の調節機能がうまく働かなくなります。自律神経が不調だと不安などの心身の不調、神経の調節不良が現れます。この様な状態を更年期障害と呼びます。症状的には不眠、イライラ感の増大、慢性的な倦怠感、不安感、頭痛などで女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因によるものです。対策としてはストレスを無くす事が基本になります。睡眠を多くとる、定期的に適度に体を動かす、バランスのとれた食事、休養などが自律神経を休める事になります。食事面ではイソフラボンを含んだ大豆の摂取がいいですね。イソフラボンは体内ではエストロゲンと同じ働きをするからです。
効くツボは肘の内側にあるシワの端から指三本手首側にある手三里、手首内側にある小指側のシワの部分の神門、首の付け根と肩の中間の肩井などのツボの指圧、鍼灸は効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。