なみよせブログ

名古屋で美容鍼、美容電気鍼の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は膀胱炎について書きます!

膀胱炎とは
膀胱炎とは、尿管から入り込んだ大腸菌などの細菌が膀胱内で増殖してしまい、膀胱内の粘膜が炎症を起こす病気です。
そもそも私たちの周囲には、常に細菌が存在しています。それは尿管周辺も同じです。体調の良い時であれば、たとえ細菌が尿道に入り込んでも排尿の際に尿と一緒に外に出してしまうので、膀胱炎になりません。
しかし、疲れが溜まっていたり、ストレスなどで免疫が落ちていたりすると、細菌が膀胱内で増殖してしまい、膀胱炎になってしまうのです。
また、膀胱炎は男性よりも女性に多いと言われています。それは、男性に比べて女性の尿道は4~5cmと短く、尿道口から膀胱の中に細菌が入りやすいという身体の構造上の仕組みによるもの。さらに、女性は尿道口と肛門や膣の距離も近く、物理的に尿道口に細菌が入りやすこともあります。
こんな症状が出たら膀胱炎かも…
膀胱炎の症状は、頻尿や尿の状態の変化、陰部周辺の痛み、腹痛や下腹部の違和感、炎症による発熱や腰痛、かゆみなど多方面にわたります。主な症状をリストアップしましたので、チェックしてください。
トイレに行った後、またすぐにトイレに行きたくなる(頻尿)
排尿後、まだ尿意が残っている(残尿感)
下腹部が重くてだるい感じがする(下腹部痛)
排尿時または排尿後に痛みを感じる(排尿痛)
悪寒がする(熱)
尿が濁っている、色が違う(尿の変化)
また、普段からトイレが近い高齢者や症状が軽度の場合、違和感のみではっきりとした自覚症状がないため、見過ごしてしまいがちです。
あなどって、何の対処もせずに放置しておくと、排尿痛、腹痛、高熱などがひどくなり、こじれてしまって腎盂腎炎や腎臓への感染症も引き起こすこともあります。
とくに腰の痛みを感じたときは、こじらせる前兆かもしれませんので要注意です
泌尿器系の病気の受診は、なかなか人に言いにくく、受診もおっくうになりがちです。普段の状態と違う、膀胱炎かもしれないと思ったらまずは早めに受診しましょう。通常の急性膀胱炎なら、投薬による治療で症状はほどなく治まります。

この様な症状が当てはまる患や者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。