なみよせブログ

名古屋で五十肩、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、緑区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「肺」について書きます。
肺は呼吸と全身の水分のめぐりをつかさどります。
また、肺には気や津液(しんえき)などを押し上げて全身に広げたり(宣発)、大気中の気を吸い込んで体内におろす(粛降)機能もあります。
宣発機能により、体内の古くなった気を外へ吐き出したり、脾のはたらきで運ばれてきた栄養分や水分を全身に行きわたらせます。
また、身体を保護する気、衛気(えき)を体表面に広げる役割もあります。
肺は鼻水、皮膚、体毛とも関係が深く、肺に変調があるとこれらに影響が出やすくなります。
肺の不調は衛気にも影響して、免疫力低下の原因になります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。