なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「脾(ひ)」について書きます。
西洋医学でいう脾臓と違い、東洋医学の脾は消化と吸収をコントロールし、吸収した栄養分と水分を全身に送る役割(運化)があります。
栄養分や水分を上に移動させたり、内臓を持ち上げる機能(昇清)も担っています。
また、血が血管から漏れ出さないようにする機能(統血)があります。
脾は唾液、肌肉(筋肉)、口や唇と関係が深いため、脾の調子が悪くなると筋肉がやせてきたり、唇の色つやが悪くなったり、味覚に異常をきたしやすくなります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。