なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は目の病気、緑内障について書きます。主に中高年層に多い病気です。症状は視野がだんだん狭くなり見える範囲が少なくなる。光を見ると周りが虹がかかった様に見えるとかほおっておくと最悪失明に至る場合があります。
なりやすいタイプの人は血縁者に緑内障の人がいる場合とか冷え症、低血圧、近視の強い人も要注意です。暗い所で本を読む、一度に大量の水を飲むという行為も眼圧を上げる行為になりあまり良くないです。
原因は眼圧が正常範囲を超えて上がり、その結果モノを見る神経の視神経を圧迫する事によって視野の範囲が欠けていく病気です。
対策としては日常生活で眼圧を上げない事が大切で暗い所で本など読まない。大量の水分、カフェイン摂取も眼圧上昇の原因ですので避けましょう。
効くツボはこめかみ近くの窪みの太陽。後頭部から首後ろを真っ直ぐ下りて骨の隆起している所から左右に少し先の窪みの風池。上腕付け根にある三角筋前方て骨との境目のひじゅのツボの鍼灸、指圧は効きます。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0122