なみよせブログ

名古屋で慢性腰痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。慢性腰痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の昭和区、千種区、天白区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「気の作用」について書きます。

以前書いたように、東洋医学において、人体は気によって構成され、気によって生命活動を維持しています。
気には、押し動かす(推動)、温める(温煦(おんく))、外邪の侵入を防ぐ(防御)、体液を漏らさない(固摂(こせつ))、気・血・津液・精などを変化させる(気化)、の5つの作用があります。
推動作用によって血や津液は運ばれます。臓腑や組織の活動、身体の成長にも関わります。また、温煦作用のおかげで体温を一定に維持することができます。
防御作用により、体表面をバリアして外邪から守ります。侵入されたときは衛気が邪気と戦って追い出します。固摂作用は、血液が血管から出ないように調節したり、汗や尿などの排出量の調整に関わります。気化作用は、水穀の精微(食物の栄養分)から気・血・津液・精をつくったり、気・血津液・精をおのおのいずれかに変化させたり、余分な水分を汗や尿に変化させることを指します。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0111