なみよせブログ

名古屋でシンスプリント、肉離れの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。骨盤矯正、鍼灸治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

今日のツボは「手三里」(てさんり)について

場所は、肘を曲げた時のシワから手首の方向へ指3本分のところにあります。

効能は
〇胃痛、胸焼け、ゲップ
〇腹部膨満感、下痢
〇歯痛、口内炎、口角炎
〇上腕神経痛、めまい etc…

手三里は、東洋医学だと大腸経を通っているので、消化器系の症状に広く使われます。

また、頭痛、中風(脳卒中の後遺症)、のどのはれや痛み、糖尿病、扁桃炎などにも効果があります。

このツボには鬼邪という別称がありますが、「鬼」がつくツボは精神を落ち着かせる働きがあり、イライラや不安感の解消、気分転換などに効果的です。

そのほか、皮膚の疾患に対してもよいとされ、灸をしていると肌のきめが細かくなるため、美容鍼灸などにも使用されます。

是非使ってみてください!

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ

IMG_0131

名古屋で首痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。首痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の北区、西区、守山区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「五臓六腑」について書きます。
東洋医学では、人体の内臓器官を五臓六腑で表現します。五臓は肝・心・脾・肺・腎、六腑は胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦に分けられます。これらの名称は臓腑そのものを指したり、そのはたらきも含めた言い方でもあります。
五臓六腑のはたらきを大まかに言うと、六腑で飲食物から栄養分を取り出し、その栄養分や大気中の気(清気)から五臓で気・血・津液・精をつくったり、貯蔵したりします。
五臓と六腑はそれぞれ対になっていて、肝と胆、心と小腸、脾と胃、肺と大腸、腎と膀胱、と分けられます。どちらかが不調になるともう一方にも影響が出ます。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0130

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は貧血について書きます。貧血は赤血球、ヘモグロビン濃度が基準値以下の事をいいます。赤血球正常値は男性410〜530万/mm3 女性380〜480万/mm3
ヘモグロビン濃度は男性13.5〜17g/dl 女性11.5〜15g/dlです。赤血球は細胞に酸素を運ぶ役割をしていて赤血球が減ると体内細胞が酸欠状態になるために貧血症状が現れます。女性における貧血は生理によるものやダイエットによる偏った食生活が多いです。
症状は貧血の種類により異なりますが一般的には目まい、立ちくらみ、疲労感、耳鳴り、息切れ、食欲不振などです。
貧血にはいろいろ種類があって一般的な鉄欠乏性貧血、骨髄が脂肪に置き換わり赤血球、白血球などを作らなくなる再生不良性貧血、赤血球が壊れやすくなる容血性貧血、ビタミンB12が欠乏する悪性貧血などがあります。対策として鉄分を補う食事を摂ることです。レバー、イワシ、シジミ、枝豆、卵黄などは多く含みます。適度な運動、睡眠を充分とる、ストレス除去も大切です。睡眠は不足すると鉄分吸収が悪くなります。体内ホルモンが関係していて睡眠をしっかりとればホルモン分泌が盛んになりからです。
効くツボは手のひら側の手首中央にある大陵、大陵から小指側にある神門、膝のお皿の上の内側の角から指三本上の血海、お臍の真裏にある命門の指圧、鍼灸は効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0129

名古屋で シンスプリント、膝痛の治療 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
かすれ目、部分痩せ が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日はリフレクソロジーでの花粉症対策を紹介します。
今や日本人の国民病とも言える花粉症。
体力や免疫力の低下から起こるアレルギー症状の一つなので、リフレクソロジーを行いながら、より健康な体づくりをして、体質改善をしましょう!

STEP1
親指を回す(左右3回)→頭、首・のどの反射区を押す→下垂体の反射区を押す(人差し指を曲げた第二関節で1回)

STEP2
目の反射区を往復3回、副鼻腔の反射区を下から上に向かって押す。先端は少し力を入れて押しましょう。痛みがある場合は息を吐きながら3回押す。

STEP3
肺・気管支・横隔膜の反射区を往復2回押す。
→ソーラープレクサスを親指でグーっと3秒ほどかけてゆっくり2回押す。

STEP4
大腸・小腸の反射区を押す→副腎の反射区を親指の腹で1回押す。

STEP5
背骨(土踏まずの側面)の反射区を2~3回、特に頸椎にあたる部分は余分に数回行う。

当院では足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、また花粉症に効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。
脚や体の不調をスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

IMG_0127

名古屋でむち打ち、椎間板ヘルニアの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は顎関節について書きます!

●顎関節症の症状

■代表的な症状

顎関節症の主な症状は5つあります。これらの症状がひとつ、もしくはいくつか重なって現れます。

①あごが痛む

顎関節および周辺の頬やこめかみの痛み。口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛むのが特徴。あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。

②口が大きく開けられない(開口障害)
正常な人は縦に指三本分入る(40~50㎜)が、指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。
あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがある。いきなり口が開かなくなる場合も、徐々に開きづらくなっていく場合もある。

③あごを動かすと音がする(関節雑音)
あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。
症状が音だけの場合は顎関節症予備軍と言えるが治療は必要ないと思われる。

④噛み合わせに違和感がある
あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがある。
急に噛み合せが変わったように感じるときは顎関節症の疑いがある。

⑤口を完全に閉じることができない
非常に稀だが、あごの関節内の構造の異常のため上下の歯列の間に隙間ができて、口が完全に閉じられなくなる場合がある。

■その他の症状

代表的な症状以外にも、顎周辺だけでなく全身の様々な部位に症状が現れることもあります。

頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み
顎関節部やその周辺の痛み
耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい
眼の疲れ、充血、流涙
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口の乾燥感
嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ

■症状が似ている病気

顎周辺に痛みがあっても必ずしも顎関節症とは限りません。よく似た症状は別の病気にもみられます。

<顔に痛みを感じる病気>
発作性神経痛(舌咽神経痛、三叉神経痛)、
歯や歯周組織・舌など口の中の病気、
耳・鼻・喉・唾液線の病気、
慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)、
症候性頭痛(脳腫瘍、脳内出血など)、
シェーグレン症候群、慢性関節リウマチ、全身性紅斑性狼瘡、線維筋痛症、通風、甲状腺機能亢進症、
心因性疼痛、神経因性疼痛  など

<口が開けづらい病気>
親知らずの炎症、
顎関節の骨折・腫瘍・脱臼・感染症・炎症、
顎の筋肉の萎縮・外傷・炎症・拘縮、
顎に関係する神経の腫瘍・炎症・ウィルス感染症  など

●顎関節症の原因

■噛み合わせだけが原因ではない

かつては顎関節症の原因は噛み合わせの異常にあると言われていましたが、現在では顎関節症の原因となる因子はいくつかあり、それらが積み重なってある耐久限界を超えたときに発症する・・・と言われています。
但しなりにくい人なりやすい人がいて耐久限界にも個人差がありますので、くいしばりや歯ぎしり偏咀嚼などの生活習慣の中の要因の積み重ねが“その人の”耐久限界を超えたときに発症する、ということになるでしょうか。

■顎関節症の様々な原因

1)ブラキシズム

「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などのことをブラキシズムといい、筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与える。最も大きな原因と言われてます。
くいしばり・・・肉体労働や仕事などに集中しているとき無意識に行っている。就寝中にも起こる。
歯ぎしり・・・音のしない歯ぎしりもある

2)ストレス
仕事や家庭、人間関係などのストレス、その他精神的な緊張は、筋肉を緊張させてくいしばりを起したり夜間の歯ぎしりを起したりと、ブラキシズムに影響します。

3)偏咀嚼

左右どちらか一方でばかり噛む癖を偏咀嚼といい、片側だけに多くの負担をかけることになり、発症の原因になります。

4)顎や筋肉に負担をかける癖や習慣

うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢など

5)悪い噛み合わせ
噛みあわせについては様々論議があり、現在では多くの原因の中の一つと考えられ、偏咀嚼やブラキシズムの原因として関連していると言われています。
(不良な歯列矯正や歯科治療により噛みあわせの悪さを招くこともある)

6)その他

歯の治療などで大きく口を開けた、顎や頸部頭などを強く打って顎関節や靱帯を損傷した など

●顎関節症の治療

■顎関節症の治療方法

病院での治療は、原因を解消する治療と痛みなどの症状を緩和する治療を症状に応じて組み合わせて行われます。

1)認知行動療法

ブラキシズムや癖など顎関節症の原因となる悪習慣やその背景をさぐり本人に自覚させ、それらを取り除くようにさせる

2)物理療法

痛みの軽減のために患部を温めたり冷やしたりする

3)運動療法

開口や顎を動かす訓練をして口がよく開くようにする

4)スプリント療法

スプリントという歯列を覆う装具を装着することで顎関節や筋肉への負担を軽くして歯ぎしりや食いしばりの害を緩和する

5)薬物療法

痛みが強い場合に薬で炎症を鎮めたり、筋肉が痛みで固まっている場合に筋弛緩剤を用いたりする。
また夜間の歯ぎしりや食いしばりを抑えるために入眠剤、痛みの軽減のために抗不安薬、抗うつ薬を使用する場合もある

6)外科療法

その他の治療で症状が改善されない場合には外科療法が行われる場合もある。関節内に強い炎症がある場合に針をさして関節内部の物質を洗い流す「関節腔内洗浄療法」、関節内で関節円板と骨の癒着がある場合にそれをはがす「関節鏡手術」などがある。

※咬合治療

かみ合わせが顎関節症の原因なのか結果なのか、その関係はまだわかっていないとされている。
かみあわせの異常が原因となっていてそれを取り除くことにより症状の改善が見込める場合には、初期段階ではごく簡単な噛みあわせの治療を行い、治療の最後に最終的な噛みあわせの治療を行う

■治療はセルフケアが中心

顎関節症は生活習慣病的な部分が大きいため、患者自身が行う自宅療法(=セルフケア)が治療の中心となります。
顎関節症を起している歯ぎしりや偏咀嚼などの悪習癖やそれを誘発する背景などを把握してそれらを取り除くことをしなければ根本的な治療にはならないともいえます。それは症状の改善とともに再発の予防にもなります。

<主なセルフケア>

○歯を接触させない
くいしばりをしないようにする。上下の歯が接触するのは物を噛むときだけで、通常時は歯を接触させないようにして余計な負担をかけないようにする。
「唇を閉じ、上下の歯を離し、顔の筋肉の力を抜く」(TMDマントラ-顎関節症呪文)

○硬いものは食べない
痛みや口が開けづらい症状がある場合は、しばらくは硬いものを食べないよう注意する

○口を大きく開けない
無理に口を大きく開けない。食べ物を小さく切ったり、会話中、あくびや歯科治療などにも注意。

○冷湿布、温湿布
痛みの急性期には冷湿布が有効。あごを動かさずに冷やしすぎると血液循環が悪くなるので注意。
慢性的な痛みには温湿布をすると筋肉の緊張や痛みが緩和される。

○マッサージ
あごの筋肉が痛むときはマッサージをすると血行がよくなり痛みが軽減される。弱っている筋肉を痛めないように強く揉みすぎない。

○よい姿勢を保つ
立つ姿勢や座る姿勢を正しく。猫背やあごを突き出す姿勢になっていないか注意する。同じ姿勢を長時間続けないようにし、ときどきストレッチなどをする。

○うつ伏せ寝をしない
うつ伏せは顎や首の筋肉に負担がかかるので、できるだけ仰向けで寝るようにする。枕も高いものは避ける。

○あごの運動をする
関節や筋肉の痛みが緩和されたら、少しずつ顎の運動を行う。口の開閉や顎を横に動かしたり、首や肩のストレッチをする。医師に相談して顎の筋肉エクササイズなどを症状をみながら行う。(関節可動化訓練、筋伸展訓練、筋負荷訓練、咀嚼訓練など)

○リラクゼーション
緊張をほぐし、顎に負担をかけないようにする。仕事などで長時間緊張が続くような場合は、ときどき緊張を解いて筋肉を休ませるようにする。意識的に筋肉の力を抜いていくリラクゼーションなどを行うのもよい。
また過度なストレスがかからないようにする。

○全身運動
ウォーキングや水泳などの全身運動をする。基礎体力の維持や全身の血行をよくする他に、気分転換やストレス解消の効果もある。

○あごに負担をかけない生活
歯を食いしばるスポーツ、管楽器の演奏、口を大きく開ける発声練習などにも注意。頬杖をつかない、食べ物は両奥歯で噛む、など顎に負担をかけないようにする。

この様な症状が当てはまる患や者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

IMG_0126