なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。寒い日が続きますね。今日は鼻づまりについて書きます。鼻づまりもいろいろ種類があり黄色い鼻水の場合は副鼻腔炎、風邪などで見られ細菌やウイルスに対して免疫機能が働き免疫細胞、白血球の死骸である膿が含まれます。緑色にまで鼻水が変化した場合は膿の量が大量に増えた時で蓄膿症の恐れがあります。サラサラタイプの鼻水はアレルギー性鼻炎に多く大量の水タイプの鼻水で花粉などを押し流そうとします。対策として寒暖差を防ぐ為にマスクを着用する。規則正しい生活をして水分を多くとる事も有効です。鼻づまりを治そうとして鼻を強くかんでも効果は無いし粘膜を痛めるので控えた方がいいですね。効くツボは小鼻の横で頬骨との中間にある迎香。目頭と鼻の付け根の間の窪みの晴明。眉間の真ん中にある印堂。手の親指と人差し指の間の付け根の間の合谷などの指圧、鍼灸は効きますよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0098