なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、南区、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は、「気・血・津液・精」について書きます。
病気の原因となる邪気から身体を守る力である正気については前回書きましたが、その正気を構成するのが、気・血(けつ)・津液(しんえき)・精の4つの要素です。
東洋医学において、気は人体を循環するエネルギーであり、血は血脈中を巡って全身の組織に栄養をもたらします。津液は血脈外の組織に浸透して体内を潤す水分、精は人体の活力源を指します。これら4つの要素が体内を巡り、生命活動を維持しています。4つがバランス良く、正常に循環していれば、正気が充実し、病気にかかりにくくなります。
慢性病では気・血・津液・精のバランスが崩れていることが多く、気・血・津液・精のバランスが正常になるように治療することで、症状の改善を図ります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0093