なみよせブログ

名古屋で 自律神経の乱れ、ED治療 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
かすれ目、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日は花粉症に効果的なアロマテラピーの紹介です。

花粉症に効果的な香り
【ペパーミント】
鼻づまりや喉のかゆみを和らげる効果があります。
マスクの中当てガーゼの外側(マスク側)に精油を少量(爪楊枝の先にとった精油~1滴程度)含ませます。
肌への刺激が強い精油なので、使用量に注意しましょう!

当院では足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、また花粉症に効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。
脚や体の不調をスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

IMG_0103

名古屋でむち打ち、頭痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は脱腸ヘルニアについてかきます!

鼠径ヘルニア(脱腸)とは

「鼠径(そけい)」部とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。

鼠径ヘルニア(脱腸)のイメージ

鼠径ヘルニア(脱腸)は子供の病気と思われがちですが、むしろ成人に多く、手術以外、治療方法がありません。痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきており、生活の質を考慮すれば、積極的に治療した方が良い病気です。

鼠径ヘルニア(脱腸)の症状

初期症状は、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。
太ももや足のつけね(鼠径部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。
はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

鼠径ヘルニア(脱腸)になる原因と種類

鼠径部にはお腹と外をつなぐ筒状の管(鼠径管)があり、男性では睾丸へ行く血管や精管(精子を運ぶ管)が、女性では子宮を支える靱帯(じんたい)が通っています。
年をとってきて筋膜が衰えてくると鼠径管の入り口が緩んできます。お腹に力を入れた時などに筋膜が緩んで出来た入り口の隙間から腹膜が出てくるようになり、次第に袋状[ヘルニア嚢(のう)といいます]に伸びて鼠径管内を通り脱出します。いったんできた袋はなくならず、お腹に力を入れるとヘルニアのうの中に腸など、お腹の中の組織が出てくるようになります。これを外鼠径ヘルニアといいます。
腹壁には弱い場所があり、年をとってきて筋肉が衰えてくると、ここを直接押し上げるようにして腹膜がそこから袋状に伸びて途中から鼠径管内に脱出します。これを内鼠径ヘルニアといいます。外観は外鼠径ヘルニアと変わりません。鼠径部の下、大腿部(だいたい部)の筋肉、筋膜が弱くなって膨らみが発生するヘルニアを大腿ヘルニアといいます。

鼠径ヘルニア(脱腸)になりやすい人

鼠径ヘルニアは、乳幼児の場合はほとんど先天的なものですが、成人の場合は加齢により身体の組織が弱くなることが原因で、特に40代以上の男性に多く起こる傾向があります。乳幼児でも中高年でも鼠径ヘルニア患者の80%以上が男性ですが、これは、鼠径管のサイズが女性は男性より小さく、比較的腸が脱出しにくいためと考えられています。
また、40代以上では、鼠径ヘルニアの発生に職業が関係していることが指摘されており、腹圧のかかる製造業や立ち仕事に従事する人に多く見られます。便秘症の人、肥満の人、前立腺肥大の人、咳をよくする人、妊婦も要注意です。
米国では鼠径ヘルニアで受診する人が年間80万人もいるといわれ、専門の外科医がいるほど一般的な病気です。日本では14万人と推定されていますが、多忙のため我慢していたり、「恥ずかしい病気」のイメージがいまだにあって、受診を渋っている潜在的な患者様もかなり多いと推定されます。もし、ご自身の症状が上記に当てはまる場合は、一度、外科を受診しましょう。

この様な症状が当てはまる患や者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

IMG_0102

名古屋で五十肩、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の稲沢市、刈谷市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「元気と宗気」について書きます。

元気は真気、原気ともいい、生命活動の基本となる気です。へその下辺りにある腎から全身に行きわたります。親からもらった先天の精と、脾がつくる後天の精からつくられます。

宗気は胸の中央辺りに集められている気で肺の呼吸や心の血の循環に関係しています。肺に吸入された清気(大気中の気)と水穀の精微(食物の栄養分)からつくられます。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0101

名古屋でシンスプリント、肉離れの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。骨盤矯正、鍼灸治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の天白区、緑区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

今日のツボは「天宗」(てんそう)について

場所は、肩甲骨の中央で、少しくぼんでいるところです。

効能は

〇五十肩、肩こり

〇肋間神経痛、心疾患

〇高血圧、頭痛

〇顔のむくみ etc…

天宗は、肩こりに効果のあるツボとして有名です。

他にも、首・肩・背中・腕の筋肉をほぐす効果があると言われており、五十肩以外にも腕や肘の痛み、乳腺炎など乳房部の痛みにも使われます。

また、医学的な根拠は不明ですが、心筋梗塞や心不全、狭心症などの心臓疾患を伴っている場合に、この天宗付近にコリや腫れが出ることがあるそうです。

押し方としては、自分で押すのはとても難しいので、マッサージや鍼灸治療をオススメします。
自分で行う場合は、ゴルフボールやツボ押し器を使ってみましょう。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ

IMG_0100

名古屋で耳鳴り、疲れ目の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。耳鳴り、疲れ目の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
人体を構成する気・血・津液・精の4つの要素について前回書きましたが、今日は「気」について書きます。
東洋医学において気は、宇宙のあらゆるものを構成する基本単位であり、もちろん人体にも存在します。
人体の中の気は、生命活動の基本となる元気(原気・真気)、血の循環をコントロールする宗気、血と一緒に循環して全身に栄養を補給する営気、体表面を覆っている衛気(えき)、の大きく4つに分けられます。
それぞれの気が正常にはたらくことで、生命活動は維持されているのです。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0099