なみよせブログ

名古屋で寝違え、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。寝違え、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「緩和医療としての鍼灸」について書きます。
がん患者の6~7割が痛みを訴えるといわれています。強い痛みは、生きる気力さえ失わせることがあり、QOL(生活の質)が著しく下がります。その他にも、呼吸困難、吐き気、倦怠感などの症状も強くあらわれます。心理面では、がんの進行や死への恐怖や不安があります。痛みなど不快な症状を抑え、精神的なケア行うことで、そういったがん患者と家族の苦しみを和らげ、より充実した生活を送れるようにする医療を緩和医療といいます。
以前は末期がん患者に対して行われることが多かったのですが、現在ではQOLが下がらないよう、より積極的にがん治療に取り組めるよう、治療の初期の段階から行われるようになりました。
国立がんセンター中央病院では1985年(昭和60年)から緩和医療に鍼灸を取り入れています。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0047