なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は不整脈について書きます。人の脈は1分間に60〜70回一定のリズムで拍動しますが、それが速くなったり遅くなったり跳んだりと一定の状態でない場合をいいます。
心臓の活動は電気信号により引き起こされますが信号が正しく心臓を巡れば正常な一定の拍動になります。しかし電気信号が興奮したり空回りしたりするとリズムに乱れが生まれ不整脈となります。いろいろなタイプがあり通常拍動に先行して起こる期外収縮。脈が遅くなる徐脈性不整脈、脈が速くなる頻脈性不整脈などがあります。原因として心臓関係の病気。心筋症、心筋梗塞など。高血圧、甲状腺異常、喫煙、慢性疲労、飲酒も原因になります。
効くツボは手のひら側の手首から指三本分肘に近づいたところの内関。手首から肘に向けて指5本分のげき門。手首の手のひら側の小指から3センチほど肘に向かったところの陰げきの指圧、鍼は効きます。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0027

名古屋で シンスプリント、肉離れ なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
冷え性、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日は足裏マッサージで行う「むくみ」対策の紹介です。

「むくみ」は体内に滞った余分な水分が原因です。血液やリンパ液の流れが悪くなると、その余分な水分が体外に排出されず、手、足、顔などにむくみとなって現れます。一番の解決策は、排泄作用を促すこと。リフレクソロジーやマッサージ、湯船に浸かりゆっくり体を温める。適度な運動を行うなど、新陳代謝アップをさせる日常生活を心がけましょう。

ステップ1
親指を左右に3回ずつ回す→頭、顔、首の反射区を押す→下垂体の反射区を人差し指を曲げた第2関節で1回押す。

ステップ2
肺・肝臓(右のみ)・心臓(左のみ)の反射区を押す。

ステップ3
横隔膜の反射区を往復2回→ソーラープレクサスを親指でゆっくり3秒かけて、2回押す。

ステップ4
膀胱→尿道→腎臓の反射区を押す。
腎臓と副腎の反射区を2回、親指のはらで押す。

ステップ5
足首のリンパの反射区と土踏まずにある背骨の反射区を押す。

当院では足のむくみや疲れに効果的な「リンパマッサージ」や「足裏マッサージ」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚のむくみも疲れもスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

img_0026

名古屋で顔面神経麻痺、野球肩の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は石灰沈着性腱板炎についてかきます!

症状

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多いです。痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなります。

発症後1~4週、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6ヵ月続く亜急性型、運動時痛などが6ヵ月以上続く慢性型があります。

原因と病態

40~50歳代の女性に多くみられます。肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です。

この石灰は、当初は濃厚なミルク状で、時がたつにつれ、練り歯磨き状、石膏(せっこう)状へと硬く変化していきます。石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきます。そして、腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。

診断

圧痛の部位や動きの範囲などをみて診断します。肩関節の関節包や滑液包(肩峰下滑液包を含む)の炎症であるいわゆる五十肩(肩関節周囲炎)の症状とよく似ており、X線(レントゲン)撮影によって腱板部分に石灰沈着の所見を確認する事によって診断します。石灰沈着の位置や大きさを調べるためにCT検査や超音波検査なども行なわれます。
腱板断裂の合併の診断にMRIも用いられます。

予防と治療

保存治療

急性例では、激痛を早く取るために、腱板に針を刺して沈着した石灰を破り、ミルク状の石灰を吸引する方法がよく行われています。三角巾・アームスリングなどで安静を計り、消炎鎮痛剤の内服、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤の滑液包内注射などが有効です。

ほとんどの場合、保存療法で軽快しますが、亜急性型、慢性型では、石灰沈着が石膏状に固くなり、時々強い痛みが再発することもあります。硬く膨らんだ石灰が肩の運動時に周囲と接触し、炎症が消失せず痛みが続くことがあります。痛みが強く、肩の運動に支障がありますと、手術で摘出することもあります。

疼痛がとれたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。

この様な症状が当てはまる患や者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

img_0025

名古屋で五十肩、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「吸い玉(すいだま)療法」について書きます。

吸い玉療法では、血行が改善されるほか、リンパ液の流れを良くしたり、経絡を刺激する作用があるとされています。そのため、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、月経不順、便秘、冷え性、不眠症、慢性的な疲労感などにも効果があるといわれています。最近では、デトックス的な観点から美容面でも注目されつつあります。
また、吸い玉のあとが黒っぽくなる人ほど血が滞っていると考えられ、吸い玉のあとがすぐに戻りにくい人は臓腑の機能が変調している可能性があります。これらの症状も、吸い玉療法を続けることによって血行を改善し、臓腑の機能を回復させることで、吸引後のあとの色が薄くなり、すぐに元に戻るようになります。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0024

名古屋で耳鳴り、頭痛の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。耳鳴り、偏頭痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の瑞穂区、千種区、東区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「気海」(きかい)について

場所は、おへそから指2本分下にあります。

効能は、
〇下痢、消化不良、便秘
〇月経障害、不妊症
〇下肢の冷え、腰痛
〇イライラ、うつ病 等など

かなり昔から「気付けのツボ」として有名で、生命エネルギーである気が、全身を巡って最後にたどり着く大海であるとされるツボです。このツボを刺激すると体を元気にするといわれています。

気の力が弱まって、生命力が低下したために起こる様々な症状に効果を発揮します。

他にも、呼吸器疾患や腎臓病、膀胱炎などにも使われます。また、うつ病などの心の病気にも効果があります。

押し方としては、左右の人差し指と中指をツボに当てて、ゆっくりとやや強めに押しこみましょう。爪を立てないように注意してください。

これからの季節は、お腹が冷えやすいです。なので、セルフでお灸してみるのもオススメします。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ

img_0023