なみよせブログ

名古屋でむち打ち、頭痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は四十肩、五十肩についてかきます!

明確な原因は不明

五十肩の原因は未だはっきりとわかっていないようですが、一説によれば、筋肉・腱といった組織の性質が、加齢により変化してくることが一因と考えられているそうです。他にも、年齢が上がるにつれ血行が悪化することも一因ではないかと見られているようです。
五十肩は多くの場合、腕を動かしたときなどに突然強い痛みが現れることが発端となると見られています。急性期の症状としてまず現れるのが、この突然の強い痛みと言えるようです。

その後痛みは肩を動かすたびに現れることが多く、肩や首など肩周辺だけでなく、二の腕や肘、手先にも痛みが響くこともあるそうです。こうした痛みは片方だけに現れるケースがほとんどと言われています。

夜間痛みが強くて眠れない場合も

五十肩の急性期では夜間に痛みが現れることも多いとされ、眠れない程の激痛に悩まされるケースも報告されています。


肩部分の発熱・頭痛が見られることも?

五十肩の急性期には、肩が痛むだけでなく、熱をもったような感じ、または肩周辺が腫れるといった症状が見られることもあるそうです。他にも、頭痛を伴う場合もあるようです。

肩甲骨のストレッチ

1)床に四つん這いになった状態からスタート。
2)ゆっくり背中を丸めていく。自分のおへそを見るようなイメージで行う。
3)次は少し頭を持ち上げるようなイメージで背中を反らしていく。肩甲骨が動くのを意識すること。
4)1)~3)を5回程度行う。

ツボ押しが症状緩和に役立つことも

ツボ押しも五十肩の症状緩和に効果を発揮することがあると見られています。

まず、大転子という腰骨の下辺りにあるツボが、五十肩の症状改善に効くと見られています。腰骨の辺りに手を当て、足を上げるなどして動かすと、目立って動く部分が手に当たるのがわかるかと思います。大転子はこの辺りに位置しているそうです。

他にも、肩井(けんせい)というツボなども五十肩の症状緩和に効果があるとされています。肩先と首の付け根を結んだ線を想定すると、肩井はその中央辺りに位置しているとされています。自然に手を肩に載せたとき、中指が当たる辺りという探し方も出来るようです。このツボにはお灸をするのも効果的と見られているそうです。

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

image