なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は関節拘縮について書きます。拘縮とは関節が何らかの原因で固くなり思う様に動かせない状態の事です。往診先の患者様は非常に拘縮が多いですね。
原因は様々ですが高齢者の場合は持病により動きが制限されベッドで寝るて過ごす時間が多くなるとあらゆる関節での拘縮が大なり小なり出てくる様です。拘縮は皮下組織、靭帯、皮膚、筋肉などが繊維化する状態で神経拘縮、結合組織拘縮、皮膚拘縮などがあります。対策としてまず、関節を動かす事です。自宅だとお風呂で温めながら動ける範囲でストレッチをする事。手、足を局所的に温めるだけでもかなりの改善になる様です。鍼灸も効果的ですね。関節を構成する大きな筋肉への置き鍼、お灸は短時間に血行、体液循環を促しマッサージとの併用により多くの効果をもたらします。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image