なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は2日酔いについて。簡単に言うと酔いというのはアルコールによる脳のマヒ状態の事です。飲酒すると血液中にアルコールは運び込まれます。肝臓で分解されるまで体中を循環しつつアルコール濃度を上昇とともに脳のマヒ状態を進行させます。大脳皮質のコントロールがマヒしてくると感情が理性で押さえにくくなった状態が酔った状態です。アルコールはアセトアルデヒドに分解され最終的には無毒化され酔いが覚めますが飲酒量が多いとアセトアルデヒドが代謝が上手くいかなくなり血液に残る事になりますが、この状態が2日酔いです。
対策としては脂肪分をとる。チーズ、牛乳ですね。お酢もいいです。クエン酸の摂取も効きます柑橘類、梅干しなど飲む前に食べましょう。枝豆、豆腐、アサリは一緒に摂取すると効果的です。
効くツボは手のひら側の親指の骨の付け根で手のひらと手の甲の境目の魚際。耳たぶを前に倒して上端が当たるところから指二本分上の卒谷。手のひらの下にあるシワから指三本分のところの真ん中の内関の指圧は効きます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image