なみよせブログ

名古屋で 人身事故、自律神経の乱れ なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
鍼灸治療、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日はアドラー心理学のキーワード7つ目「不完全である勇気」というとても大切な概念を紹介します。
「不完全=雑、無責任」という印象があるかもしれませんが、そうではありません。完全であろうとすることは時に
①細部にこだわり作業が遅れる
②「木を見て、森を見ず」のように全体の流れをつかめない
③完全を求めるあまり行動することをためらう
④完全でなかったことを悔やんで、前に進めない
など様々な弊害を生みます。
人間は不完全であるといっても不完全は受け入れがたくそれが劣等感を刺激することがあります。
このように自分の想定と違うというギャップを寛大に受け入れていく心の大きさや強さを「不完全である勇気」といいます。

完成度を高めることは悪いことではありません。しかしその反面完璧にすればするほど失敗が許されなくなってきます。また失敗したときの落胆も大きくなります。すると小さな失敗もこわくなり、本来の「目的」よりも「失敗しないこと」を目標にするようになり、失敗しないために「挑戦すること」をやめてしまいます。これはほぼ無意識下のことです。
一発勝負で決まれば問題ありませんが、現実は七転び八起き、三歩進んで二歩下がることが普通です。
高い安全性を確保するため、頻繁な確認を要求されことが多い日本人は挑戦することより失敗しないことを重視する傾向があります。
完璧さを求めるあまり、萎縮しているようにも感じられます。
不完全であることと挑戦することは表裏一体です。
「不完全でもめげずに続ける勇気」を持ちましょう!

当院では足のむくみや疲れに効果的な「リンパマッサージ」や「足裏マッサージ」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚のむくみも疲れもスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

image