なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝関節症の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝関節症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、瑞穂区、千種区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「湯薬治療」について書きます。
東洋医学で鍼灸治療と共に重要となるのが、湯薬治療です。鍼灸治療は経穴(ツボ)と経絡を通じて、変調した部位に身体の外側から働きかけるのに対して、湯薬治療は漢方薬を服用して、変調した部位に身体の内側から働きかける治療法です。
これら二つの治療法は、中国で別々に発達したものですが、方法が違うだけで、主たる治療目的は同じです。
そのため、鍼が苦手だったり、鍼治療に不向きだと思われるときには湯薬治療を行います。あるいは、漢方薬が苦手だったり、漢方薬の服用が難しいときには鍼治療を行います。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

image