なみよせブログ

名古屋で五十肩、腰痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、腰痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、南区、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「鍼治療」について書きます。
東洋医学において、鍼の治療目的は不足した正気を補う「補(ほ)」と停滞している気や血などを取り去る「瀉(しゃ)」の大きく二つに分けられることは前回説明しましたが、その補瀉も方法を誤るとかえって悪化させてしまう恐れがあります。
虚しているときに瀉法をすれば過度に不足した状態になり、実しているときに補法をすれば症状が増悪して長引いてしまいます。
なので、問診や触診などで情報を集め、的確な治療につなげることが重要となります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

image