なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は中耳炎について書きます。子供に多発する病気です。耳ダレがでる。耳の奥が痛む。詰まった感じがして聞こえづらくなる症状がでたら中耳炎かも。子供に多い病気ですが大人もなります。急性中耳炎と滲出性中耳炎があり前者は鼻と耳をつなぐ耳菅を通って菌が中耳に入って炎症を
起こすものです。後者は鼓膜の奥にある中耳に滲出液が溜まってしまう症状です。急性が治りきらずに滲出性に移行する例が多い様です。予防は風邪がきっかけになる場合が多いので風邪を引かせない自己管理、鼻水が原因の一つなので、出来るだけすすらずにかむ習慣をつけましょう。効くツボは耳の後ろの出っ張った骨の後ろの窪みにある完骨。耳の付け根、縦みぞの中央にある聴宮。肘を直角に曲げて出来るシワの内端で小指側の先端の少海の指圧は効きます。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image