なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は蕁麻疹について書きます。最近、周りで蕁麻疹の人が増えてます。症状は最初は小さい赤い膨らみがあらわれて、その周囲に広がり場合によっては全身に広がったりします。
アレルギー性と非アレルギー性のものがあり動物の毛、食べ物、薬系のものは前者です。暑さや寒さ、衣類の摩擦などで起こるものは後者です。アレルギー性の蕁麻疹は食べ物などに含まれるアレルゲンが体内で異物認識されると細胞からヒスタミンという物質を放出して異物を排除しようとします。そのヒスタミンがかゆみの神経を刺激し血管を拡張させて皮膚に発赤を作ります。予防として免疫機能を落とさない為に睡眠を良くとりストレスを溜めない様にしましょう。皮膚の過度な刺激、金属の接触も良くないです。効くツボは
首の後ろ側で頭を下げた時にできる大きく出っ張った骨の一つ下の窪みの大椎。腕を真横に挙げ腕の付け根にできる窪みの肩ぐう。手の人差し指と親指の間の合谷の指圧が効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image