なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、瑞穂区、名東区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「鍼治療」について書きます。
東洋医学において、鍼の治療目的は「補(ほ)」と「瀉(しゃ)」の大きく二つに分けられます。
補は不足している正気を鍼によって補い、充実させることを指し、瀉は邪気や停滞している気や血を取り去ったり、別の場所に移動させることを指します。つまり、証をたてて虚していれば補う治療(補法)、実していれば瀉する治療(瀉法)を行います。
刺鍼時の鍼の操作や刺す方向などによって補瀉を使い分けます。
また、五臓を五行相生説にあてはめ、刺激するツボを選ぶことによっても補瀉を行うことができます。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

image