なみよせブログ

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「肝兪」(かんゆ)について

場所は、肩甲骨の内側にある、背骨の第九椎棘突起下縁を挟んだ両側で、真ん中(後正中線)から親指の幅一本半分外側にあります。

効能は、
〇肝臓疾患、疲労回復
〇二日酔い、乗り物酔い
〇かすみ目、視力低下などの目の疾患
〇こむら返り、立ちくらみ

肝臓が弱ると、みぞおちから肋骨付近に圧迫感が出てきます。
肝兪の兪は「兪穴」を意味します。

背骨の両脇に並んでいる兪穴は、病気の原因となる邪気が体内に侵入するのを防ぐ役割があります。

他にも、シミソバカスは、日光に長時間当たったり、肝臓の働きが悪いとできやすいと言われています。

ツボ療法で短期間のうちにシミソバカスを改善させるというのは難しいようですが、肝兪を刺激することで肝臓のコンディションが整い、肌の調子を改善することは可能だそうです。

家族の方や、友達に押してもらったり、ヘアドライヤーの熱風を当てたり止めたりを繰り返すのも、効果があるようです。

雨が多く、季節の変わり目で体の疲労が溜まっている方、
是非使ってみてください!!

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ!

image

名古屋で頭痛、膝関節症の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝関節症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、瑞穂区、千種区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「湯薬治療」について書きます。
東洋医学で鍼灸治療と共に重要となるのが、湯薬治療です。鍼灸治療は経穴(ツボ)と経絡を通じて、変調した部位に身体の外側から働きかけるのに対して、湯薬治療は漢方薬を服用して、変調した部位に身体の内側から働きかける治療法です。
これら二つの治療法は、中国で別々に発達したものですが、方法が違うだけで、主たる治療目的は同じです。
そのため、鍼が苦手だったり、鍼治療に不向きだと思われるときには湯薬治療を行います。あるいは、漢方薬が苦手だったり、漢方薬の服用が難しいときには鍼治療を行います。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

image

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は目の病気の一つ白内障について。カメラのレンズの様な働きをする水晶体が白く濁り視力低下が起こる病気です。白く濁った部分が汚れの働きをして眼底に光を届きにくくします。光を眩しく感じる。目が
かすむ。二重に見えるなどの症状がでたら注意です。高年齢に多い病気ですが予防として紫外線にあたらない事。活性酸素が関係して白濁が始まります。タバコを減らす事も重要です。ビタミン摂取。B2 E Cの摂取が大切。
効くツボは後頭部の髪の生え際の二本の太い筋肉の外の窪みの天柱。手の親指と人差し指の間の合谷。眉毛の外端と目尻の中間の一指後の窪みの太陽穴がいいですよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image

名古屋で 耳鳴り、自律神経の乱れ なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
脱毛症、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日もアドラー心理学「7つの習慣」から5つ目のキーワード。「意味づけ」を紹介します。

私たちは現実をありのままに見ているわけではなく、自分の主観に基づき「意味づけ」をして物事を見ています。
人は「自分はダメな奴だ!」「自分は必要ないのでは?」など悪い意味づけをすると気分が落ち込み、体調を崩すと「このまま治らないのでは?」「治らない方が良いのでは?」とネガティブな意味づけをしがちです。

アドラーは人生についての意味づけは、子供の頃に形成されると説いています。
普通、自分が勝手にしている意味づけの色合いに気づいていません。いつも黄色いサングラスをかけて育った子供が、世界は黄色っぽいと信じるのと同様です。

アドラー心理学では、無意識に行っているこのような意味づけを自覚し、客観的に分析して、その是非を問おうとします。
もし自分の意味づけが、自分、人、世界を貶める類のものであれば幸せな世界にはなりません。幸せをもたらす意味づけをしたいものです。

例えば「私はダメだ」と意味づけをしていると、その意味づけに沿って物事を見るようになっていきます。もしそのように物事を見ていたら、「自分は存在価値がある」、「私は私なりに役に立っている」などのより良い意味づけに変えていくよう努めましょう。

さらに普段はあまり考えない、自分の「人生観」や「世界観」がどのようなものか考えてみると、自分がしている「意味づけ」に気づくはずです。
つまり「本当のところ自分が自分のことをどう思っているか」を自問してみることが重要です。実は自分の「思い込み」かもしれませんよ?

当院では足のむくみや疲れに効果的な「リンパマッサージ」や「足裏マッサージ」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚のむくみも疲れもスッキリさせて快適に過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

image

名古屋でむち打ち、椎間板ヘルニアの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!

今日はジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎)について書きます。

スポーツなどで膝に大きな負荷がかかることで膝蓋腱が損傷し、炎症を起こしたものが膝蓋腱炎です。靭帯炎(じんたいえん)、ジャンパーズニー、ジャンパー膝などとも呼ばれます。
大抵の場合、損傷は軽度で、小さな断裂が見られる程度ですが、重症になると腱が完全に切れてしまう「膝蓋腱断裂」が生じることもあります。

◆原因

ジャンプをする時、まず膝を曲げてジャンプの準備をします。このとき太ももの表側の筋肉が収縮し、膝蓋腱が引っぱられます。ジャンプの瞬間は膝関節が伸び、膝蓋腱は元の長さに戻ります。そして着地の瞬間に膝が曲がるため再び膝蓋腱は引っぱられます。
このように強い力で引っぱられたり伸ばされることが繰り返されると、膝蓋腱に小さな断裂などの損傷が生じて炎症を起こします。つまり、体重などの大きな負荷を伴う膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで生じやすくなります。ランニングで発生するのは、ジャンプと着地を繰り返しているためと考えられています。
スポーツ以外でも、交通事故などによる衝撃で損傷したり、糖尿病や関節リウマチなど全身性疾患における症状のひとつとして発生することもあります。

◆こんな人に起こりやすい

膝蓋腱炎は、膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害の一つです。その名のとおり、ジャンプをする跳躍競技や、ボールを蹴るようなキック動作、ダッシュを頻繁に行うスポーツに多く発生します。また、練習やトレーニングでランニングを多く行う競技での発症が多いこともわかってきました。ジャンプやランニングはスポーツの基本的な動きなので、それだけ多くのスポーツで起こり、発症する人の数も多い障害といえます。
10~20歳くらいの年齢によく見られ、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、背の高い人などに多く見られます。これは成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉は硬く、腱も伸ばされた状態になり、膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためです。
<発症しやすいスポーツ>
* サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、バドミントン、スキー、スケートなど

♦︎診断

膝蓋骨(膝の皿)の下を押した時に痛みがないか調べます。
そのほか、X線撮影(レントゲン検査)で膝蓋腱の傷み具合や膝蓋骨のズレの有無を確認します。膝蓋骨が上の方にずれていたり、膝蓋骨の下端に薄い剥離骨折が見られることもあります。
より精密な検査を行う場合は、MRI検査や超音波検査(エコー検査)が採用されます。

◆治療

痛みの程度や膝蓋腱の損傷の度合いに応じて様々な治療法が採られます。
軽度であれば、安静を保ちながら膝を冷やすアイシングを行い、炎症が治まるのを待ちます。膝が伸びた状態でテーピングやサポーターで患部を固定する装具療法も併用することで痛みを軽減できます。
痛みが強い場合は、これらに加えて炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤を使う薬物療法も行われます。
症状が和らいできたら膝関節のストレッチングや膝周辺の筋力トレーニングを行い、筋肉の柔軟性と筋力アップを図ります。
腱が完全に切れる「膝蓋腱断裂」が起きた場合は、腱を縫合する手術が必要になります。

◆予防

膝蓋腱炎の予防と再発防止に有効なのが、太ももの前側の大腿四頭筋のストレッチです。筋トレやストレッチングによって筋力と柔軟性を高めることで衝撃を吸収し、膝蓋腱に加わる負荷を軽くすることができます。
運動の前後のウォーミングアップやクールダウン時には十分にストレッチを行いましょう。特に太もも前面を重点的に行い、股関節も同時に伸ばすと予防に効果的です。
痛みが出てきた時は、ストレッチングに加えて運動後に患部を冷やすアイシングを徹底し、安静時には(できれば運動中も)テーピングやサポーターを装着して膝を守ります。
痛みが強い時は膝を使う運動は中止し、患部を保護した上で早急に整形外科を受診してください。

このような症状が当てはまる方は是非、なごや熱田区金山のなみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい。

交通事故むちうち、腰痛でお悩みの方も是非お問い合わせ下さい。

image