なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は胃潰瘍について書きます。胃の内側の粘膜部分が爛れたり傷ができたりした場合痛みが起こります。胃潰瘍は食後に痛みが強い様です。進行すると爛れた場所から出血が起こる場合があり便に血液が付着したり吐血のきっかけになります。これ以上、進行すると胃に穴があく胃せん孔という病気に発展するかもです。みぞおちの痛み、吐き気、胃もたれ、吐血、下血が続くと要注意ですね。
ピロリ菌感染と刺激物等の過剰摂取、自律神経の乱れが主な原因です。
予防、対策として規則正しい食生活、禁煙、ストレスを溜めない生活、充分に睡眠をとるなどです。いずれも胃酸の過剰分泌を防ぐ事が目的です。効くツボは足の表側の第二指と第三指の間の衝陽。むこうずねの骨の外側を膝から五センチ下がった所の足三里。お臍の上でみぞおちとお臍の中間の中かん。背中側の胃の裏側付近の指圧もいいですよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image