なみよせブログ

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「少海」(しょうかい)について

場所は、肘を曲げた時にできる横ジワの内側です。

効能は、
〇肘から前腕にかけての痛み、わきの下の痛み
〇野球肘、テニス肘
〇頭痛、めまい、耳鳴り
〇冷え症、歯痛

少海の「少」は、少ないという意味です。「海」は、海のように、人間の生命維持に必要なエネルギーである気血が大量に集まる場所になります。

そして、心臓病を持っている人は左の少海(しょうかい)が少し触れるだけでも痛がることが多いです。

なぜかというと、東洋医学的には心臓から他の場所を数か所回ったのち、最終的に尺骨神経の走行で流れるようになっています。なので、東洋医学的につながっていると考えられるからです。

押し方は、優しく軽く、凝りをほぐすのが一番効果的です!肘の痛みがある人は、鍼で神経に当てて痛みを緩和させることもあります。

是非使ってみてください!!
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image